私たちの想い

story

患者様の気持ちを大事にする

「病気や障害はあるけど、住み慣れた家で過ごしたい。」
しかし、ご自宅で過ごす患者様とご家族には様々な不安があると思います。
例えば、「突然熱が出たらどうしよう?」
「体の状態がいつもと違うときどうしたらいいの?」
そんな時は、24時間365日、私たちが相談に乗り、往診に伺うことも可能です。
また、家で落ち着いて過ごせるように定期的な訪問診療で患者様の体調を整えたり、
ご家族の負担を軽減できるよう努めていきます。
困った時に、当院のスタッフが相談に乗り、適切に対応することで、
患者様とご家族に安心して過ごしていただくことを、
私たちは目標にしています。
story

私たちの約束

私たちが訪問診療を行うときに、特に大切にしていることがあります。
①いつでもすぐに24時間365日、何かあったらいつでも対応します。
②患者様中心でご自宅では患者様が主役です。安心して過ごせるようにサポートしていきます。
③地域連携でサポートご自宅で生活される患者を、ケアマネージャー、看護師、薬剤師、介護士、歯科医師、病院主治医、栄養士、言語聴覚士、社会福祉士など様々な職種と連携を取ることで、サポートしていきます。
私たちは多くの出会いを大切にし、多くの声に耳を傾け、皆様が安心して在宅生活を送ることができるよう、努めていくことを約束します。

花に込めた想い

中野クリニック在宅医療部のシンボルマークはすずらん(鈴蘭)を表わしています。(デザインは芸術家 濱田亨先生によるものです)
すずらんの花言葉は「純粋」「謙遜」「再び幸せが訪れる」です。
私たちが純粋な気持ちで医療に取り組み、謙虚な心で患者様と接する姿勢を大事 にしたいという想いと、病気で倒れた患者様に再び幸せが訪れてほしいという願 いが込められています。

家で過ごすということ

「住み慣れた自宅で、無理のない療養生活を送りたい」
それは自然な願いだと思います。
私たちは在宅医療を通じて、一人ひとりの患者様が希望する環境で希望する医療を受け、大切な時間を安心して過ごせるよう、応援していきます。
だから、患者さん自身も、周りのご家族もがんばりすぎず、そして家で過ごせてよかったと感じていただけることが、私たちの願いです。